Google Search Console でサイトマップを送る方法


どうも、n o v a です。

Google Analytics の導入方法や解析レポートの見方をお伝えして来ましたが、どうでしたか? 「誰も来ていないことがわかりました・・・」ってことも多いと思います。

でも落ち込むことはありません。今が少なくても、これから増やせばいいのですし、そのためにアクセス解析をやって徐々にWebサイトをよりよくしていけばいいのですから。


ここではそんなあなたのサイトを見つけてもらいやすくするための
「とっておきな話」をしていきます。


Google(検索エンジン)にサイトマップを送る

今やネットの世界に星の数ほど存在するWebサイトの中から、あなたのサイトを見つけてもらうためには「検索エンジン」の存在が不可欠なわけです。


その検索エンジンに、
あなたのWebサイトを積極的に伝えるためのツールというものがあります。


それがGoogleが提供している「Google Search Console」です。
(以前までGoogle Web マスターツールと呼ばれていたものと同じものです。)


この「Google Search Console」の基本的な流れはこんな感じ。


1・まずは「Google Search Console」にユーザー登録
2・次に自分のWebサイトの「XMLサイトマップ」を作成
3・そして「Google Search Console」に「XMLサイトマップ」を送信
4・Googleがその内容で検索エンジンに登録してくれる


XMLサイトマップ

「XMLサイトマップ」というのが聞きなれないと思います。

XMLとはExtensible Markup Language という
HTMLと同じ兄弟言語のようなものです。

このXMLという言語で書かれたサイトマップということで
「XMLサイトマップ」と言います。


「サイトマップ」という言葉がピンとこない場合はこちらも読んでおいて欲しいのですが
参照:目次自動作成プラグインPS Auto Sitemap
この場合のサイトマップは僕ら人間のためのサイトマップでした。


今回は検索エンジン、
つまり機械のためのサイトマップを作成する必要があるということです。


まるで映画「マトリックス」のようですね。


ちなみに専用の「プラグイン」によって自動作成できますので、
「HTMLとかXMLとか意味わかんないんだけど・・・」って場合でも全く問題ありません。


プラグインが自動で作成したXMLサイトマップを、
Google Search Console から検索エンジン(Google)に送信するだけで、
積極的に検索エンジンにあなたのサイトの情報を伝えることができます。


Google Search Console を設定


とりあえず流れを確認しておきます。

1・まずは「Google Search Console」にユーザー登録
2・次に自分のWebサイトの「XMLサイトマップ」を作成
3・そして「Google Search Console」に「XMLサイトマップ」を送信
4・Googleがその内容で検索エンジンに登録してくれる

では必要なことを説明していきますね。

ユーザー登録

とりあえず Google Search Console にアクセスして見ましょう。

:Google Search Console
https://www.google.com/webmasters/tools


URLがGoogle Web Mastersとなっているのは、
このツールが少し前まで「Google Web マスターツール」と呼ばれていたためです。


Googleにログインしていない場合はログイン画面が現れますので
ログインしてください。


この段階でGoogleアカウントを持っていない方はいないですよね?
(もしお持ちでなかったらこのタイミングでGoogleアカウント作ってくださいね)


Google Search Consoleのトッップ画面が表示されたら
まずはあなたのWebサイトのURLを入力して、「プロパティを追加」をクリック。


すると「所有権の確認」の画面が出て来ます。


このサイトは確かに自分ですよ、ってことを
Googleさんへ確認してもらう作業です。


この所有権の確認をどのように行うかといえば、

1・指定されたHTMLファイルをサーバーにアップロードする
(FTPツールを使って指定されたファイルを指定されたフォルダにアップロード)

2・「確認」ボタンを押す

これであなたのサイトの所有権をGoogleさんに確認してもらうことができます。


所有権が確認されると、Google Search Console上にWebサイトが追加されて、
各種詳細画面にアクセスできるようになります。


データがありません。とか考えられる理由とか、重大な問題とか
なんだか不安になっちゃうかもしれませんが、大丈夫ですので
そのまま先に進みましょう。


左下にある「サイトマップ」をクリックします。


この段階ではまだ「XMLサイトマップ」を送信していないので
何も表示されません。


なので次に一旦WordPressの画面に戻って
「XMLサイトマップ」を作成していきましょう。


XMLサイトマップを作成

まず「Google XML Sitemaps」というプラグインをインストールしてください。
WordPressのプラグインをインストールする方法を解説

:Google XML Sitemaps



インストールしたら有効化します。


管理画面左側の「表示設定」画面にある
「検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする」
が「OFF」になっていることを確認しておいてください。
(OFFだと当然ですが検索エンジンがサイトを登録できないので)


この作業はこれだけでオッケーです。


XMLサイトマップを送信

Google Search Console に戻って来て、
「サイトマップの追加/テスト」をクリックしてください。


出て来た「URL入力」画面に

「sitemap.xml」と入力して



「送信」ボタンを押すだけです。


検索エンジンに登録

あとは待つだけです。


少し時間がかかりますが、
XMLサイトマップが登録されたら作業完了となります。


では今回の作業はこれで終わりとなりますが最後に
現在WordPress関係、賢威7、ビジネスからマインドセットや
アートなどに関することまで疑問や教えて欲しいこと、
質問などを大募集しています。


このブログ上で取り上げてほしい内容がありましたら
「コメント」もしくは「問い合わせフォーム」からどうぞ。



[ Google Search Console でサイトマップを... ]WordPress2017/11/04 14:19