WordPress もしもは起きる!【 II 】「バックアップを使って復元させてみる」


どうも、n o v a です。


今回はバックアップデータを使ってどのようにWordPressを復元していくのかについてお話ししていきます。

バックアップを取ったことのない方は、まずはこちらの記事でバックアップを取得してください。


WordPress もしもは起きる!【 I 】「復旧の要はバックアップ」


バックアップを復元する

さて、実際に取得したバックアップでWordPressを復元する方法を見ていきます。


WordPressの管理画面左側の「ツール」→「インポート」と進んでください。


インポート画面にはインポート先がズラリと並んでいますが、
ここではWordPressを選択します。


すると今度は「WordPressインポート」プラグインの
インストール画面へと進みます。


WordPressの標準機能の中には
「記事のエクスポート機能」はあるのですが、
「記事のインポート機能」がないので、
プラグインをインストールする必要があるんですね。


なので、「今すぐインストール」をクリック。


プラグインのインストールと有効果化が行われます。


プラグインのインストールが完了したら、
再びインポート画面で「WordPress」を選択していきます。


WordPressの管理画面左側の「ツール」→「インポート」と進んで、
画面にインポート先がズラリと並んでいるところでWordPressを選択ですね。


すると今度はさっきとは違ってインポート画面が表示されます。


参照から先ほどエクスポートした「XML」ファイルを選択します。


【ファイルをアップロードしてインポート】をクリックしてインポートします。


次にインポートのオプション画面が出てきます。


実はWordPressのエクスポート&インポート機能はバックアップというよりは
他の環境への引越し用に作られていますので、

「引っ越した先に同じユーザーがいない場合は、誰をユーザーとして設定しますか?」

というようなことを聞かれます。


「実行」をクリックしてインポートを完了させていきます。


すでに記事がある状態でインポートした場合は
「その記事はすでにWordPressの中に存在していますよ」という
メッセージがズラズラっと表示されていきます。


ちょっと不安になりますよね。笑


次に画像のインポートをします。


これはとても簡単です。


先ほどダウンロードした時のようにFTPツールを立ち上げて
例によって「wp-content」フォルダの中に

さっきダウンロードした「uploads」フォルダを
丸ごとアップロードするだけです。


これで記事と画像の復元が完了します。


最初はプラグインのインストールなどもあって
面倒に感じたかもしれませんが、一度流れを覚えたら
そこまで面倒な作業ではないと思います。


他にもバックアップの方法は色々とありますが、

前回のバックアップの取得方法と
今回の復元方法って割とアナログな方法なだけに
妙な安心感があります。


今後どんどんコンテンツが増えてきたら
バックアップがないのは恐怖でしかないので

会社の一日の終わりにきちんとデータのバックアップを取るように
あなたもバックアップを習慣化させていきましょう。


ではでは、今回はこれで終わりとなりますが最後に
現在WordPress関係、賢威7、ビジネスからマインドセットや
アートなどに関することまで疑問や教えて欲しいこと、
質問などを大募集しています。


このブログ上で取り上げてほしい内容がありましたら
「コメント」もしくは「問い合わせフォーム」からどうぞ。


[ WordPress もしもは起きる!【 II 】「バックア... ]WordPress2017/11/03 17:07