【第5回】マーケティングファネル

2016-08-18 21.57.18
 

どうも、novaです。

今回はマーケティングファネルについてのお話しとなります。
マーケティングファネルというのは考え方の話なのですが、
マーケティングの道筋を決めていくときに必要となってきます。

マーケティングファネル

ファネルとは漏斗(ろうと)のことです。[br num=”2″] 漏斗ってわかりますか?
醤油とか油とかを瓶に移したりするときに、
こぼさないように入れるための道具ありますよね。[br num=”2″] 逆三角形のアレです。[br num=”2″]
ファネルの上側では無料で多くの顧客を集めて
数を出していきますが、
下の方に行くほど高額で顧客の数は少なく、
でも質が高く濃くなっていく理論です。[br num=”2″]
こんな感じです。

【    無料オファー   】
【  フロントエンド  】
【 バックエンド 】
【 高額商品 】

このファネル(漏斗)の下に行けば行くほどリストが少なくなっていきますので、新規リストを集めなければいつかは0に収束してしまいます。[br num=”2″] ですから常に新規リストを集める必要性があります。[br num=”2″]

ダブルファネルマーケティング

ダブルファネルマーケティングという理論があります。[br num=”2″]
ファネルの下にいって一旦少なくなるのですが、
そのあとにまた広がりを見せる形になります。[br num=”2″]
ではこれはどういう理屈で成り立つのでしょうか。[br num=”2″]
これはコミュニティベースのマーケティングを行うことで
自然と成り立つ形となります。[br num=”2″]
本来フロントエンドで購入者を集め、
バックエンドで濃い購入者となり、
バックエンド企画が終わって、
購入者が離れてしまうところを、[br num=”2″]
コミュニティベースのマーケティングを行っていくことで
自然にバックエンド購入者が次のバックエンドを購入します。[br num=”2″]
リピーター化も起こりますし、
バックエンド購入者のかたが口コミで
新規の顧客を連れてくるようにもなります。[br num=”2″]
ここに必要となってくるのは
アーティストとファンの視点です。[br num=”2″]
つまりはしっかりと価格以上の価値を提供していくことで
ブランディングをおこない、さらに価値を高めていくということです。[br num=”2″]
これは僕たちが今後意識すべきファネル理論となります。[br num=”2″]
こういうマーケティグファネルの必要性とは、
こういうイメージをしっかりと可視化するために必要となります。[br num=”2″]
つまりこういった図をしっかりとイメージできるようにする
ということが非常に大事です。[br num=”2″]
やみくもにやっていくのではなく、
今回のようなイメージをもってやっていく方が、
結果が出やすいので、ぜひイメージをもってやっていきましょう。[br num=”2″]
次回は、今回話にもでたブランディングというものとマーケティングとはどう違うのか
ということでお話ししていきます。[br num=”2″]
 

ブランディングとマーケティングの違い

[ 【第5回】マーケティングファネル ]マーケティング2016/08/14 22:20