ピロークエスチョンの法則


どうも、NOVAです。

今回は「ピロークエスチョンの法則」というものについての説明をしていきます。


貧す人は正しい答えを求める
稼ぐ人は正しい問いを求める

という言葉があります。


つまり何かアイデアが浮かばない時は
答えにフォーカスせずに
問いにフォーカスするということです。

ここでピロークエスチョンのやり方ですが、
寝る前に正しい問いはなんだろうと考えて寝ます。


仕事で他者貢献しながら
自己実現できることは最高の報酬となります。

ピロークエスチョンによって明確な
アイディアを得られるとそれは
未来から来た磁石のように自分を突き動かしてくれます。


今までこんなの自分のためにならない、
お金にならないと思っていたことが
嘘のようになることがあるものです。


自分の仕事で他者貢献
周りの人に貢献しながら
自己実現できるということは最高の報酬です。


でも夢中になって取り組めることがない人が多い。

仕事とは最高の自己表現なのに
本気になって取り組むことができないというのは
もはや悲劇的といえます。


そこでピロークエスチョンを試してみてください。


具体的には何か一つ
都合の良い質問を用意します。


例えば、

「今のネットビジネスの中で自分の才能が開花されて
夢中になってできる作業とは何か」とか。


で翌朝には答えが浮かんでくるって暗示をかけて寝る。

答えを考える必要はありません。


翌朝までには答えが得られるから、
自分は答えを知る必要がないんだよね?

って考えて眠りにつくと、
翌朝になって「はっ」っていう風に
答えが浮かぶことが多い。


稼ぐ人は夢中になれる仕事を探すんじゃなくて、
寝ているときの夢をつかって
自分の眼の前の仕事に夢中になって
やる方法を見つける。


夢を使うという方法。


さらに夢を覚えておくのもいい。


夢から連想する、今直ぐに役に立つ取り組み
は無いかと探してみる。

そのための具体的な作業として
夢ノートをつけていきましょう。


毎晩、毎晩、見る夢を思い出せる
範囲で良いから書いておいてください。


「毎晩毎晩見る夢には共通点があった!」

なんてことになればしめたものですね。


どんな質問でも良いから
寝る前に自分に問いかけて、

朝になれば答えが得られると
自分に暗示をかけて寝ると、

翌朝には本当に答え、
もしくは答えにつながる
アイディアが思いつくというものです。


必要なことは質問です。


自分に正しく質問を投げかけることができれば、
自ずと答えが出てき始める。


その営みこそが学びということ。


そして着想・アイデアとは学びから生まれます。


正解を見つけようとするのは難しいですが
でも都合の良い質問をするのは簡単です。


これが知識を生み出すひらめきのコツです。


知識を身につけないと
いい仕事ができないと思うけども、

あなたの内面には、すでに素晴らしい
知識や知恵が満ち溢れているもの。


内面に才能がたくさん詰まっているんです。


それを浮かび上がらせるために
今回は夢を使っていきましょう。


※TGE生限定ページ
7ステップ式具体的なピロークエスチョンのやり方

[ ピロークエスチョンの法則 ]コンテンツ作成2017/11/05 12:00