どうも、n o v a です。

最近は、自己アフィリエイトで稼いだ実績をもとに、今度は自己アフィリエイトのやり方を教えて稼ぐという人が増えてますよね。「こんな感じで教えることで、あなたも簡単に稼ぐことができますよ」って感じです。


ネットビジネスで稼いだことが無い人が自己アフィリエイト
やオークション転売で「インターネットで稼ぐ経験をもつ」ってことや
とりあえずでも自分自身でお金を稼いで見ることは大切です。


ただし、その後にコンサルタントとして
クライアントさんに教えるという立場に入るのであれば
稼いだお金を自己投資に回しながら自分自身が成長進化するなかで
きちんとクライアントさんを引き上げていく姿勢が大事になります。


これであれば何も問題ないどころか、
むしろクライアントさんと良い関係性を築くことができるのですが、

この方法で教わった人の中には

「ああ、なるほど、教えられたことを
横流し的に教えることで稼げるってことね」って、

まるでMLMのようなシステムってことねと
勘違いする人が一定数発生します。


つまり教わったことそのものを商品として今度は自分が誰かに
販売することで稼いで、そしてその連鎖で・・・・

情報発信をビジネスとするのですから
教えること、コンサルティングを商品にすること自体は
何も問題ないのですが、もっと俯瞰的にみることができないと

そのように同じことの連鎖という捉え方しかできません。


かといって同じジャンルの情報って全然価値がないから
何か昔流行ったブルーオーシャンを求めたり。笑


ちょっとその辺りの誤解というか、勘違いや
またそのようなことをやっている人に引っかからないような
リテラシーを高めるためにも、

今回からは数回にわたって、あなたが商品を持っていない場合でも、
自分で商品を生み出し、自分でマーケティングを行って、
アフィリエイトで稼ぐ場合であってもアフィリエイト広告
を使う側であっても同じようにインターネットで稼げてしまう。


そんな内容を具体的にお話ししていく予定です。


ビジネスの発生前夜

まずはビジネスというのは人の悩みがあるところに
生まれるということをしっかりと覚えておいてください。


いつだって人の悩みが先です。


いわゆる拝み屋という人たちがいますが、
彼らは、悩みを植え付けることが仕事なんですね。


目に見えない不安を与える。


不安が植えついたら、それを拝んで取り払うと。


もちろん相手は悩みが解決されるので大満足ですね。


自作自演はどうかって感じですが、
実際にこれも力技で価値を生んでいると言えます。


何かビジネス・モデルを見つけた時には
常にそのビジネスは誰のどんな悩みを解決していくのか
ということを日頃から考えることで

ビジネスの思考の根幹を根付かせることができます。


これは非常に大切なので、
そんなこと知ってるしっていう思考をせずに、
改めてしっかりと頭に叩き込んでおいてください。


別の角度から言えば、
人がいるから悩みが発生するんです。


人がいなければ、そこには悩みはないですよね。


人がいるからこそそこに悩みがあってその悩みを僕らが代わりに
解決するからこそそこには価値が生まれて、ビジネスが生まれるんです。


夢をみさせるのが夢見る枕

ネットビジネスやアフィリエイトに付きものの
不労所得とか片手間とかっていうのを夢見ている場合、

また一見して華やかな存在をイメージしている場合もあるかもしれませんが、
価値が生まれてビジネスが生まれるってことは何ら変わりません。


人を避けていては長期的なビジネスはできませんし、不労所得や片手間というのは
ネットビジネスの可能性として確かに存在するものです。


それだってビジネスの原理原則がわかる人は周知の事実ですし
逆にそこに対して、”詐欺だ”とか”そんな訳ない”とか言ってる人って
無知をさらけ出しているようなものですし、

そういった思考でいると結局ノウハウだよりになってしまいます。


「どんなノウハウが稼げるんだ?」


という思考に陥ってしまうということですね。


いくら可能性しかないインターネットを活用したビジネスであっても
最初から片手間とか不労というわけがありません。


夢見る枕に引っかからないためにも
このことはしっかりと頭に叩き込んでおいてくださいね。


いまネットビジネスの可能性としては不労所得や片手間が存在する
といいましたが、じゃあそれはどのようなものなのか?


それを先に知りたい人も多いとおもいますので
次回からは、そのビジネスモデルの全体像をお話しして行きます。


あなたが、何かしらのコンサルを受けた経験があっても無くても
自分が受けたコンサルティングをそのまま横流す商売だけやっていたら
あなたもクライアントもいつまでたっても自分の商品を生み出すことはできませんし

それは、あなたやクライアントさんのネットビジネスの可能性を
狭めてしまうことにもなりかねません。


ですから、そうならないためにも
まずはどのジャンルにおいても、きちんと商品やサービスを生み出して
そしてビジネスそのものを生み出していく力を養っていきましょう。


今回からの一連の講座は、その力を養うための講座となります。


次回からはそのジャンルに縛られることのない、インターネットを活用した
普遍的で本質的なビジネスの生み出し方をお話ししていきますのでお楽しみに。


次回予告・・・
インターネットを使った理想的なビジネスのカタチ