インターネットを使った理想的なビジネスのカタチ


どうも、n o v a です。

前回はアフィリエイト、ネットビジネスを解き明かす講座【第1回】ということで、ネットビジネスを行う前に確認しておいてほしいことについてお話しして来ました。


今回はアフィリエイト・ネットビジネスを解き明かす講座【第2回】ということで「インターネットを使った理想的なビジネスのカタチ」について話していきます。


いきなりですが、ちょっと考えてみてください。


あなたは「理想的なビジネス」って聞いたら

どのようなビジネス・モデルを考えますか?


・・・

・・・

・・・


僕は毎月安定した売り上げがあって、そして年に1回でも2回でも大きなボーナスのように、
売り上げが上がるようなビジネス。


それって理想的なビジネス・モデルだと思うんですね。


まぁ、当たり前じゃんって思う人もいたと思います。笑


さらに言えば、毎月の売り上げって自動化することが理想ですし、
その自動化を使ったお金を使って集客してプロモーションを行なって、
そして年に1回でも2回でも爆破的な売り上げを上げる。


これって理想的なビジネス・モデルじゃないかと思います。


年に1回でも2回でもプロモーションを行っての爆破的な収入だけでも
十分に生活はしていけますが、年に一度の収入だけになってしまいますし、
それってやっぱり多くの人にとって一握の不安があると思うんですね。


だから、自動化の仕組みによって安定的な売り上げを生み出していくことで、
毎月安定的な売り上げが入るような仕組み作りも視野にいれていきたいと思います。


じゃあ、どのようにしてインターネットを使ってそのような仕組みを作っていくのか?
しかもインターネット・ビジネス参入者で実績のない人たちが・・・


いつも問題はそこですよね。


ってあたりのことをこれから話をしていきます。


理想的なビジネス・モデルの構築の3ステップ

まずは大きな3つの流れがあります。


1・仲間をあつめる(人と繋がりを持つ)
2・ビジネスとして成り立たせる
3・大きく影響力をもつ


仲間を集めるとは、人と繋がりを持つってことですが、
あなたが誰かに誘いを受けたことを想像してみてください。


赤の他人からいきなり

「今度飲みにいきませんか?」

って誘われたとしても、

「いえ・・結構です」

って断ると思います。


ってか普通に断りますよね。


そこには、目的が見えないからです。


逆にそこに何かしらの目的がハッキリとしていて
それがあなたの興味があることであれば
もう少し前のめりに検討すると思います。


例えば、あなたが婚活に困っていたとします。


でも婚活パーティーに行ったことが無くて
ちょっと抵抗があるときに

「婚活初心者への説明会を開催します」

のようなオファーが流れてきたら、それを妖しく思うかどうかは別として
少なくとも興味を持つ可能性は高くなります。


でも本当にそのオファーに興味をもって反応してくれるかどうかって
本当のところはわからないですよね。


だからこれはオファーを投げてみてテストしてみなきゃわからないです。


まずはテストってことは、なるべくリスクを減らす意味でも
無料オファーを投げていくといいですね。


ここは結局のところ広告費をかけてテストすると早いです。


テストしていくのでこれはテストマーケティングの段階ということです。


こうやってテストマーケティングして反応を調べることから始めるんですね。


いきなり商品をつくって、いきなり課金して
いきなりボーンってプロモーションかけるんじゃないんです。


まずは、小さくテストする段階があって、
そしてきちんとマーケティングのシステムを整えて行って、
その後にプロモーションをかけて大きく爆発的に稼ぐという
3つのステップで行っていきます。


つまりは、大きく3つのステップです。


テストマーケティングとマーケティングシステムの構築と
プロモーションの3つのステップで行って言います。


1・テストマーケティング
2・マーケティングシステムの構築
3・プロモーション


実際にはテストマーケティングの前段階としての
市場選びのためのリサーチ期間があるので、4つのプロセスをとります。


次回はその最初の段階である市場選びの手法を説明していきます。


次回予告・・・
理想的なビジネスモデルの3ステップの全体像を解明する


次回もお楽しみに。




[ インターネットを使った理想的なビジネスのカタチ ]アフィリエイト2017/10/27 13:32