感情を揺さぶり、行動を起こさせるライティング


どうも、n o v a です。

ライティングの5ステップの説明の3回目です。今回は残りのステップに関して説明していきます。でも今日の話に入る前に前回までをさらっておいてくださいね。

アフィリエイトで稼ぐのであれば、はっきりいってこの前回の話までで十分です。


前回のはなし・・・
情報を集めて整理する、コンセプトと説得力を加える

今回お伝えしていく内容は
情報発信やステップメールなどでコアメッセージを届けて、

そして、きちんとリストをとって
ステップメール内でクロージングをする。

さらにプロモーションなどを行なって
爆発的に稼ぐ時に必要なライティングスキルです。


つまりDRMを実践する段階のライティングとなります。


ではいってみましょう。


感情を揺さぶる

感情を動かすステップです。


ここではプロパガンダのテクニックなども有効ですが、
それよりも何よりもまずは、コアメッセージをきちんと設定して、
あなた自身の言葉でメッセージを伝えていく必要があります。


そのためには、あなた自身のコアメッセージが何なのか
どのようなメッセージを届けたいのかを
あなた自身が把握する必要があります。


その上で、認知的不協和などを利用して
感情を揺さぶっていきます。


つまりこの4ステップからは
ただ機能的なお役立ち情報を整理して発信する段階から
感情的な価値を高める言葉を届ける段階へと移っていきます。


そのためには心理学の知識なども役に立ってきますし、
プロパガンダのテクニックも有効に働きます。
(ただし使い方に注意が必要です。)


行動を起こさせる

行動を即す段階へと移っていきます。


この4ステップと5ステップに関しては
結構テクニカルなことだったり、
いわゆるコピーライティングのテクニックそのものを
学んでいく段階なので


逆にわかりやすいかもしれませんね。


大切なことはこの段階に来る前に
きちんと最初の3ステップをこなしていることです。


初心者がこの5段階を一気にやろうとすると
中々難しく感じると思いますし、最悪筆がとまってしまうことになります。


「何かくかわからない」

から始まって、

「どのように書けば良いのかわからない」

だから、とりあえず感情のままに書いていったり、
それでは支離滅裂な文章になってもしょうがないんです。


きちんと情報を集めて、集めた情報を整理して、
それを誰に向けて発信するのかを考える。


それに誰かの口コミや権威者の
引用などを添えて説得感を出していくと。


まずはここからスタートするだけで、
アクセスのためのSEOライティングや、
アフィリエイトのためのライティングはバッチリです。


アフィリエイトのためには成約率を上げる
文章を書かないといけないって思うかも知れませんけど、
実際にはアフィリエイトって商品を紹介するだけでいいんです。


そもそもサイト・アフィリエイトで
いきなりクロージング掛けられても嫌ですよね。笑


次回は5ステップ講座の最後として、
アフィリエイトの文章、DRMの文章についてお話ししていきます。


次回予告・・・
アフィリエイトで稼ぎ、DRMで爆発的に稼ぐライティング

お楽しみに。

[ 感情を揺さぶり、行動を起こさせるライティング ]コピーライティング2017/10/16 17:43