ビジネスを始めるための最初の一歩はここから


どうも、n o v a です。

今回はビジネスを始めるための最初の一歩はここから、というマインドセットの講義となります。

ライブをするために、まずはステージに上がる必要があるようにあなたもビジネスを始めるために、まずはビジネスのステージに立つ必要があります。


ネットビジネスであってもビジネスには変わりありませんので、
今から始められる方も、

これからネットビジネスを始められる方も、
そして興味がある方こそ、ここで学んで
最高のスタートを切っていきましょう。


楽しそうって気持ちで始めたのに楽しくない

当然ですが、ビジネスを行うということは
自分で何らかの商売を行うということと一緒ですよね。


リアルな店舗を構える、教室を開く、ネイルサロンを開く・・etc.

ネットビジネスとは読んで字のごとく、
インターネット上で商売を行うというだけで、
その本質は何も変わりません。


そして初めて商売を行う方って、決して苦労や道のりを全て理解した上で
覚悟を決めて商売を行う訳ではありません。


もちろんそれなりに覚悟は必要ですし、覚悟をするでしょうが、
始める前から全てを俯瞰することなんてできないですし、

またそのような覚悟ができるのも、
やはり最初は夢や希望とともに
楽しい気持ちでワクワクする気持ちがあるからです。



だからこそ大変な思いをして、開店準備を整えて、
理想の世界に向かって努力していきます。


商売するためにはそれなりの初期投資だってかかるものですから、
やはりポジティブな感情が勝っていなければ、
誰だって自ら商売(ビジネス)をしようとは思いません。


いざ頑張って開店準備を整え
さぁ、オープン!

おお!お客さんがたくさん来る来る!!
メッチャいいやんけ!

やっぱり俺の思った(もしくは教わった)通りや!
簡単、簡単。


なーんてことはほぼ無い訳で、
蓋をあければ、

お客さんはこない、
リピーターもつかない、
毎月の借金の返済もあるし
やばいなぁ〜。


どうしよう。


ってことになるんですね。
(意外に多いパターンです)

以前に僕はこれと全く同じパターンに遭遇したことがあります。


夢を叶えた瞬間・・・

ある20代の女性の方でしたが、
カフェをやるためにコツコツお金を貯めて、
とうとうカフェをオープンする運びとなり、

そこのキッチンとして僕が雇われたときのこと、
どうも、行き当たりばったり感が強く、
またアカデミックな匂いをプンプンさせていて、
現場で働いてきたことは無いんだろうな・・・という感じ。


まぁ、個人店だしそこは色々と自由にやって
様々zに経験していくのだろうなって思っていたのですが、
実は集客についても全く考えていなかったようで、

最初から集客をどうするのだろう?
と疑問には思っていたのですが、

オープンして1週間しても
全く人がこない。

そしてオーナーを見ると
なんと焦っている。。。


そこで集客をどのようにやるつもりだったのかを尋ねると、

「カフェをオープンすれば人が来ると思っていた」

と。。。


「ええええ。集客のこと考えていないの!!」


って驚きを隠すことができませんでした。


もちろん、その後は彼女も頑張って
道でチラシを配り始めたり、

リピーター顧客を得るために
地元のお客さん相手に何かできないか考えたり

一所懸命に集客方法についてアイデアを得るために
日夜知恵を絞り、勉強をしていました。


すでにお店はできていて、
初期費用として銀行にもお金を借りていた訳ですから
なんとかしなければいけないと必死に頑張っていました。


最初は楽しそうと思い始めてはみたものの
蓋を開けてみたら思っていたよりもずーっと大変
ということなんて沢山あります。


というよりもそんなことばかりだとも言えます。


楽しいだけってことはないし、
頭を使わずに、淡々と作業だけしていれば
商売上手くいくなんてことはありません。


そこには常に常に、考えるという作業が待っています。

例え、コンサルタントを入れたとしても
やはり考えることをせずに、全てを寄りかかることなんて出来ません。


店舗ビジネスや会社経営のリスク

リアルな店舗で商売を行おうとすると
必然的に大きな初期投資が必要になりますから

長期にわたって貯めたお金や
さらに銀行にお金を借りたりして、
大きな初期投資を払ってビジネスを始めるものです。


カフェをオープンしたけどやってみたら思った感じと違う、
本当にやりたいことではなかった気がする
などと言っても莫大な初期投資は戻ってきませんから
継続するか、初期投資を社会勉強と思って泣き寝入りするか
どちらかしかありません。


よほど経済的に余裕があって、趣味で始めたのでなければ、
まずは、どうにかして継続しつつ
商売を繁盛させるため、また自身のお店の理念を見直しつつ
脳みそや体に汗をかきながら、必死に頑張ります。


成功法則があって、ノウハウがあってその通りやれば上手くいく、
ただ単純作業を機械的に繰り返せば上手くいくというのは
もはや商売とは言えません。



ネットビジネスだって全く同じですし、
それは副業であろうと本業であろうと全く同じです。



ビジネスをやるステージに上がるということは
自ら商売を始めるという意識を
きちんと持ち合わせるということです。



そして商売というものをどのように考えるか、
それはあなた自身の信念によって多少色が変化するかもしれませんが、
そこにある普遍的な本質は人と人との繋がりです。


それは普遍的なものです。


人と人との繋がりを無視して
自分だけ稼ぎたい、自分だけ得すればいい。


こっそりと自分だけ稼いで生きたい。


そもそも、あなた自身そのような人と
ビジネスを通じたお付き合いをしたいと思いますか?


進化に必須の危機感とは

前回は淘汰圧についてのお話をしましたが、

生命の進化の歴史とは
厳しい環境下への対応による変化です。


外部危機が進化を促進してきたことを考えると、
危機感が進化には必須ともいえます。


進化しないと淘汰されるというのは
ビジネスの世界でも全く一緒です。



特にも情報爆発の現代においては
情報量が多く、移り変わりが激しいので
絶えず進化しないとすぐに淘汰されてしまいます。


また進化とは変化のことですから、
言い換えればビジネスには変化が必要ということです。

僕は稼ぐことよりも稼ぎ続けることが大切だし
それが一番大変だという話をよくします。


例えば、あなたが何かヒット商品を生み出したとします。


でも世の中に売れると認知された商品については、
すぐに他の人たちも、より安い価格で類似商品を出してきますから

あっという間にその商品は飽和状態になり、
値崩れを起こし、人々に忘れ去られていきます。


ヒット商品は生み出しつづけなければいけません。


売れたら安心、ではないんですね。


進化がある種の危機感から起こるのであれば、
僕らは常に危機感を感じていなければいけないんですね。


僕自身のことを言えば大体、

3割割くらいの危機感
7割の前向きな考え


で生きています。


進化を引き起こす方法


ネットビジネスで独立することで大きな自由が手に入りますが、
一方で独立後は給料という概念は消滅します。



決まった日に決まった金額が給料が振り込まれることはなくて
お客さんから頂くという概念に移り変わります。


自分の力でお金を頂くということをしていかないと
お金を稼ぐことはできないのですから、
自然と一定の危機感は芽生えるものです。


独立する以上はビジネスを継続する必要がありますので、
自分の商品やサービスの質を上げていく必要がありますよね。


では、どうやってサービスを上げていくのかですが、
特にも僕らのやっている情報発信においては
さきにお伝えした通り、自らが商品なので、

サービスを上げる=自らのステージを上げる

となり、
つまり自分のステージを上げていく必要がある、ということになります。


そして自分のステージを上げていく、
成長進化していくために必要なものが
前回お話した淘汰圧であり、

そこには危機感が必要だということをお話しました。


ではいったい危機感とはどのようなものでしょうか?

危機感には内部危機と外部危機との2つがあります。

2つの危機感


内部危機・・・自己内部で作り出す
(期限)締め切りを決める、報酬を与える、等

外部危機・・・環境周辺が作り出す
他者(信頼を失いたくない人)へ目標を宣言する、期限を決めてもらう、等


絶えず進化すれば右肩上がりに
進化していけば楽しく、楽に継続的にビジネスができますが、

それまでの道のりで断念してしまっては
いつまでたっても技術と知識が身についてこないので
楽しくもなってきませんし、継続することも困難になってきます。


まとめ

ビジネスを行うということは「自ら商売を行う」ということです。

当たり前のことですが、
以外と盲点なマインドだったりします。


もし最初から全体をわかっていたら辛い道のりが見えてしまっていたら
商売を始めなかった人って沢山いると思います。



モテるためにギターを始める学生は多いですが、
そのために莫大な練習時間や集中力が必要だと知っていたら
もっと簡単にモテる方法を探すことを選択すると思います。


現に賢い人は、ベースやボーカル、ドラムなど、
比較的取り組みやすい楽器を選択する傾向にあります。笑


話が少し逸れちゃいましたが、
実際に僕自身が雇用されるってことを選択しないのって、
自分自身で行うことの楽しさ、可能性、

また一度自由が身に染み付くと多少苦労しようが、
雇用されるよりも自分のペースで
自分の責任で稼ぐほうが楽しいって気がついたからです。


雇われる側になるのであれば、
雇う側になりたいという気持ちもあります。


もちろんこれはその人の性格にもよりますが、
自分でビジネスができるということは、
そこに自分の理念や信念を込めることができるということです。


そうでなければ、
共感できるだけの理念や信念を持った会社を
探さなければいけないかもしれません。


ただし、これに関してもあまり深く考えていないのではないかと
思われる会社が多いです。


事実、会社理念とかを読んでみると
3つの会社戦略が見事にバッティングしていることが多くあります。
(上場企業であってもそんなことがあります)


それであれば、僕は自分で納得のいく方向性で
自分のビジネスを行っていきたいと思ってしまうんです。


例えアルバイトであっても、納得のいかない状態で仕事をするのは
苦痛でしかありません。


また、ハッキリ言って、
それらの会社経営や店舗ビジネスと比較すれば
ネットビジネスは本当にノーリスクだし、
費用対効果はバカみたいに高いわけで、

かけた時間と労力なんて一瞬で取り戻すこともできますし
初期投資だって店舗販売をやることを考えたら本当に微々たるものです。


やり方によって0から5万、10万なんて簡単に稼げちゃうわけですから。
(実際に僕のメルマガ読者さんは1日で5万〜10万稼いだご報告いただいています)


そうやって稼いだお金をどのように次に繋げていくか。


そこにノウハウ、マインドセットも含めた
スキルや知識などが必要になってきます。


やり方さえわかって、そして継続さえできれば
僕のようにビジネスに関わってこなかった人でも
1年で月収240万とか達成できちゃう。


楽しむ人って、常に自分が今目の前のことにどのように取り組むのか、
楽しみながら取り組むためにどのように考え、取り組んでいくのかを考えます。


これは違う、これは違うといって見つけるようなスタンスではなく
今目の前の取り組んでいることに対して、
どうすれば楽しめるかを考えるんです。


今取り組んでいることを楽しみながら行うことで
継続して取り組むことができます。


ネットビジネスは継続するだけで成功する確率は
かなり跳ね上がりますが、それっていうのは、
単純で、殆どの人が継続しないからです。


なぜ?っていえば、


店舗ビジネスのように何百万と、
大きなリスクを背負って始めていないので、

商売を始めるステージにいない参入者が多いからです。


なので、ぜひあなたが今後ネットビジネスに取り組まれるのであれば

本業であっても、副業であっても変わらずに
ネットビジネスとリアルビジネスを切り離して考えるのではなく、
自分で商売を行っているんだという意識を持って取り組んでください。


「そんなの大変だよ〜」って思ったら、
インターネット上に自分自身のカフェを持っているようなものだと。
自分自身のお店を開いて商売をしようとしているのだと。
そういう感じに一度気持ちを整理してみてくださいね。


正直なところ、ネットビジネスの業界って
このマインドが無いままに始める人が多い業界ですから、
このマインドを身につけておくだけでも
他の人たちと大きく差を開くことができますよ。


本当に。


ぜひあなたのビジネスを本質的なものにするためにも
今回のマインドを意識することを忘れずに
日々あなたの理想世界の実現に向けて
ネットビジネスに取り組まれてください。


必要な知識やノウハウはこのサイト内に
ゴロゴロ転がっていますから。


興味ある方は、このサイトをご活用して
まずは学んで実践してみてください。


そのためのご質問などありましたら、
フォームにてお声がけくださいね。


[ ビジネスを始めるための最初の一歩はここから ]マインドセット2017/09/17 00:29