パーキンソンの法則


どうも、n o v a です。


本日は時間とお金の優位性についてのマインドセットの講義となります。

さて、いきなりですが、
あなたにとっては、お金と時間のどちらが大切ですか?


今は女性性の時代ということもあり、
世の中的には「時間」のほうが大切と感じている方が多いと思うのですが
では、何故「時間」のほうが大切だと思うのでしょうか?


確かに時間があれば好きなことができますが、
お金が無ければ、やれることが限定されてしまいますよね。


それでも「時間」のほうが大切だと言えるでしょうか?


確かに、お金を稼いだとしても、
それで生活の時間が奪われてしまったら
好きなことをやる時間が無くなってしまいます。


うーん。


「お金」のほうが大切とも言い切れない感じがしますよね。


お金と時間の優位性

結論から言ってしまうと、「お金」よりも「時間」のほうが大切です。


理由を端的に言えば、時間というものを意識的に回すことで
お金を稼ぐことはができますが、
お金を回しても時間というものは戻ってこないからですね。


当然といえば当然ですね。


前回、成功の方程式ということでお話ししましたが、
特に現代は正しい方向で膨大な量を全速力でこなせばお金は稼げてしまう時代です。


ただし時間というものは戻っては来ませんし、
また人は皆誰もが一様に死へ向かって生きています。


今この一瞬を誰もが命がけで生きているとも言えます。


普段そのように意識するかしないかに関わらず
これは自然の摂理ですよね。


僕らはそう意識するしないに関わらず
命がけで時間を使って生きているんです。


お金は現在は望めば稼げるけれども、
時間は常に消費されていて、それは望んでも帰ってこない。


これが、時間のほうが大切な理由の一つなのですが
もう少し掘り下げて考えていこうと思います。


ステージが高い人の1時間は濃い

ネットビジネスでもリアルなビジネスでも
ビジネス以外でも、

確実に上達したいのであれば、すでに自分よりも成功している、
また実践している人の近くにいたほうが良いと言われますよね。


これは当然として、

ではあなたが運良く成功者の人たちと接点を持つことができたとき、
そこで注意しなければいけないことがあります。


それが「時間に対する意識」です。


いわゆる成功者と言われる人たち
ステージが高い人たちって一様にこの時間感覚が鋭いです。


つまり自分の時間の価値が高いことを知っている。つまり
ステージの高い人の1時間はかなり濃いものになっていることがあります。


時間に関する意識が低いまま接してしまうと
時間を盗まれている、とすら思われるかもしれません。


実際に僕自身も時間に関しての意識が高まるにつれ
相手の時間を奪っている、自分の時間を消費しているという感覚が高まりました。


まぁ、僕の場合はそれまでが無頓着すぎた感もあるのですが。汗


実際には今でも話が長くなることが多いので、
反省しきりという感じなのですけど。


僕らは相手の時間を奪っている

例えば自分が営業マンだったとしますよね。


誰かに自分の商品を営業する、例えば訪問販売や
電話での営業を行うとします。


通常、営業の段階で相手に価値を提供することって少ないと思うのですが、
本来であれば、僕らの時間=命を奪って自分たちの商品を説明しているのですから、
その時点で何らかしらの価値提供が無ければマイナスでしかないと思うんですね。


僕のところにも時々営業の電話が掛かってくることがありますが、
多くの場合、

「少々お時間よろしいでしょうか?」

って聞いた後には、いきなり質問攻めですからね。

「現在の電気代はどれほどでしょうか?」

「日々の食費はどれほどでしょうか?」

「現在集客に関してお困りではないでしょうか?」

って、いやいや、
正直なところ、見ず知らずの他人に
何故そんなことをいきなり話さなきゃならないの?

っていう気持ちになります。笑


こちらの時間を奪っているのですから、
何か情報の提供か何か、価値あるものを提供した上で
ようやくイーブンな関係での話ができるのではないかなと。


まぁ、この話だけ聞くと、
n o v a って面倒くさい人だなって思われそうですが、

普段からそのように考える癖をつけておくと
相手の時間に対しても敬意を持てるようになるんですね。


自分の時間に対して敬意を払うことで
相手の時間に対しても同様に敬意を払うことができるようになります。



普通はそこまで考えないかもしれませんが、
ステージが高い人たちは、時間に対する意識が高いので
そこまで考慮して接する必要があります。

それでもやっぱり自分のステージを高めていきたい場合は
自分よりもお金を稼いでいる人と頻繁に接したほうがいいので
その場合は上のステージの人の時間を奪う対価を意識しましょう。


この場合は

時間=お金

と考えるのが解りやすいかもしれませんね。


そのためには、まずは自分が自分の時間を奪っているものに対しての
意識を高めていくことから始めていくといいということです。


もちろん自分がされて嫌なことは相手にもしない、
ということは前提です。^^


時間がない人は短期集中

ネットビジネスって最初は副業で始める方が圧倒的に多いので、
本業で時間を取られて、作業時間がなかなか取れないと感じている方も多いです。


でも今成功されている方々ってやっぱり最初は副業から始めているので
お金があって1日中作業できるから、成功できるって訳ではありません。


で、時間がない人の場合には短期集中が時間対効果が抜群です。


と、言っても何か元も子もない感じなのですが、
実際のところ1日中時間が空いていたとしても
作業効率を維持しつつ1日中作業できる方って稀です。


人の集中力って短期的なものですし
事実時間があればあるほど先延ばししてしまうのが人間ってものです。笑


試験勉強も一緒で、多くの場合は先送りにして
前日一夜漬け、なんてことはあなたも一度は経験あるのではないでしょうか?
(経験無いって方は自信持ってください!あなたは素晴らしいです)


時間があると、あるだけ後回しにしてしまう。
そういう先送りの心理というものが働くんですね。


パーキンソンの法則というものがありまして、
それがどういうものかと言えば、


「人の作業時間というのは強制的に区切らない限り、自分の持っている時間の限界まで伸びてしまう」


という人の心理を表した法則のことで、
つまり、時間があると時間帯効率は下がるということです。


時間のある人は先延ばしして
結局は作業効率が悪くなるということです。


逆に言えば時間のない人は作業効率を良くせざるを得ないし
結果的に作業効率が良くなる傾向にあります。


もちろんそこでさらに先送りにしてはダメですよ。笑


逆に1日中時間がある場合などは、
細かく区切って、締め切りを設定することで、
効率的に目標に寄与しまくった1日を過ごすことが可能になります。



何時までにこれを仕上げて、
何時までにこれをやる。


って感じですね。


本日は「時間」というものの捉え方、接し方ということで
お話をしてきました。


ぜひ少しづつでもいいので
時間に関する意識のステージを高めて
そして短期集中で結果に繋げていってください。


[ パーキンソンの法則 ]マインドセット2017/09/02 17:24