ライターさんがネットビジネスではなく外注で稼ぐのって何でですか?

どうも、n o v a です。

今回は読者さんからご質問を頂いておりますので、それにお答えしていきたいと思います。質問は24時間いつでも受け付けていますのでお気軽に質問フォームからご質問下さいね。

今日はどんな相談かな・・・



NOVANOVA

今回のご質問はこちらです。

読者さん読者さん

コピーライターの人たちとか、コピーライティングの技術を活かしてネットビジネスやったほうが稼げると思うのに、外注とかで稼いでいるのって何でですか?

文章書けるのですから、トレントアフィリやサイトアフィリ、また情報発信でもすれば、外注なんかしないで稼ぐと思うのですが・・・

NOVANOVA

ご質問ありがとうございます。


そうですね、これは仕事の安定性とライフワークという観点から考えてみると分かりやすいと思います。


まずは、安定性という意味では、ネットビジネスをやるということは、労働が対価にならないっていう特徴があります。


例えば、コピペでサイト構築するとしても初心者であれば何時間もかかりますが、今の時代は既にその労働に見合う収入は得ることが出来ません。


つまりは、労働の対価としてお金を払ってくれる人はいないのです。


一方で、外注であれば仕事が来れば、作業が報酬に変わるので、安定とまでは言いませんか、労働の対価としてお金を頂くことが可能です。


これが大きく異なる点で、多くの人にとっては労働の対価としてのお金のほうがしっくり来るんですね。


もう一つ、デザイナーやライターなどは専門職の部類に入ります。


通常専門職になる為には、それ相応の苦労をするので、やっている方々はライターならばライターのプライドを持ってやっています。


つまり儲かるかどうかでライターなどやっているわけではないので、生活の為にやってはいても、こっちが稼げるからこっちっていう選択はしないことが多いです。


そしてライフワークという観点から見ると、専門家に限らず、多くの人は自分の才能を発揮できる場を求めています。


希望する月収などのアンケートなどを取ると、多くの人は現在の収入に対しての2倍の金額を言うという統計が取れているようです。これはもらっている報酬に限らずなぜか2倍の金額をいう傾向にあるようですね。


そして、本当にやり甲斐をのある仕事についたとき、その仕事にやり甲斐を感じているときは、人はお金よりも仕事そのものに楽しさを感じて夢中になるものです。


多くの人にとって、お金は生活に必要なものではありますが、実はお金よりも日々の夢中になれる仕事を欲しがっているという側面があるんです。


それが顕著に現れるのが専門家です。とくにフリーの専門家というのは仕事を貰わなければ食べていくことが出来ないので、食べていくことだけを考えていたら、会社に就職したほうが良いわけです。


でもフリーを選択するのはその仕事が自分の仕事だからです。


稼げるからその専門職につくわけじゃないのです。


だから稼げるからといって他の仕事をするわけじゃないってことです。


文章を書くことが上手だからアフィリエイターのほうが稼げそうだな。じゃあアフィリエイターをやろう。そんな感じの人に魅力って感じないと思います。


それは、音楽が出来るから、音楽をビジネスにしたら儲けれそうだなって言うのと同じだと思っています。そういう方もいますが、僕は音楽そのものをビジネス商材にすることに抵抗がありました。


あと、ただ単にやり方を知らない人も多いってこともあります。思っている以上にネットビジネスのことを知らない人って多いんですよね。これが一番シンプルな答えでしたね^^

NOVANOVA

こんな感じで読者からのご質問にお答えしていますので、気軽に解らないことや悩みなどを送ってくださいね。

→ 質問フォーム
→ スカイプID:ariariaa124

今回のご質問に関連した記事はこちら!

[ ライターさんがネットビジネスではなく外注で稼ぐのって何でです... ]読者さんからのご質問2017/01/13 19:16