成功例ではなくて、失敗例を知りたいのですが・・・

どうも、n o v a です。

今回は読者さんからご質問を頂いておりますので、それにお答えしていきたいと思います。質問は24時間いつでも受け付けていますのでお気軽に質問フォームからご質問下さいね。

今日はどんな相談かな・・・



NOVANOVA

今回のご質問はこちらです。

読者さん読者さん

なんか皆さん成功例ばかりで、失敗例ってなかなか無いですよね?

もっと失敗例を見て学びたいのですが・・・

NOVANOVA

ご質問ありがとうございます。


失敗例を見て学びたいというそのマインドが素晴らしいですし、失敗例を集めているサイトがあったら確かに面白そうですよね。


実際にビジネスやっていれば失敗例なんていくらでもありますが、みな失敗を踏まえて成功するために思考錯誤した結果をお伝えしますから。


実は僕もネットビジネスについて調べ始めた最初の頃、読者さんと同じ疑問を持ったことが
あって失敗例を探したことがありました。


失敗例って中々見ることができ無いんですよね。


僕は思うんですが


「失敗例って自分で作っていくものなんじゃ無いでしょうか?」


行動しなければ失敗することが無いからです。逆に行動すれば必ずと言っていいほど失敗経験を踏むことになります。


失敗をしなければ効率の良さは生まれません。人は他人の失敗を見て自分は同じ失敗をしないようにしようとしますが、失敗した他人は体験をしているのです。


一方で頭でシュミレーションした人は実際には体験をしていない。


体験っていうのは体で覚えるというプロセスですから、頭でシュミレーションしたこととは全然情報量が違います。


そして行動せずに頭でっかちになるリスクすらあるんです。


それは実はノウハウを学んでいるのと同じなんですね。


さっきビジネスをやっていれば必ず失敗体験をするといいましたが、じつはこの表現も少し違くて、失敗体験と思っていないということもあります。


つまり他人からみたら明らかに失敗に見えるかもしれない、自分でも他人をみたら失敗しないようにしようと思うようなことでも、いざ自分がやっているとなんかの布石のようになっていて失敗って思えないんですよね。


例えば、僕は以前トレンド・アフィリエイトを実践して報酬0円のまま挫折したことがありますが、それを失敗体験とは捉えていないというか、

「ふーん。こんなものか」

って感じで、でも実践した経験はあるからそのことは覚えているし次にやるときはその経験を踏まえるわけですが、失敗体験とは思っていなくて、単なる経験だと思っているわけです。

その上で、よりこうした方が良いよねって思うことをお伝えしている感じ。


ですから、

「失敗例って自分で作っていくものなんじゃ無いでしょうか?」

って言葉も適切では無いかもしれませんが、ようするにそういうことです(笑)


上記のような”失敗”でしたら何度もやっていますが、辞めずに思考錯誤してサイトの質を高めていったら今頃はそのトレンド・アフィリエイトを主体に行っていたかもしれませんね。


でもこうやって今は情報発信を行っているし、こっちのほうが楽しいわけです。


結局嫌なものを嫌だと言ってると、落ち着くところに落ち着くのかなって感じにも思っています。


そんな感じで沢山行動して沢山の体験をしていけば、他人の失敗例なんか気にならなくなります。逆に気にしていると中々行動できなくなっちゃいますから。


トライ・アンド・エラーでいきましょう!!^^

NOVANOVA

こんな感じで読者からのご質問にお答えしていますので、気軽に解らないことや悩みなどを送ってくださいね。

→ 質問フォーム
→ スカイプID:ariariaa124

今回のご質問に関連した記事はこちら!

[ 成功例ではなくて、失敗例を知りたいのですが・・・ ]読者さんからのご質問2017/01/07 17:51