大幅なキャンセル率を減らすための方法

img_6858どうも、n o v a です。


今回は、大幅にキャンセルを減らすための方法ということでお話しをしていきます。

返金保証や返品保証をつけると気になる返金依頼や返品依頼です。実際にその保証により売り上げや成約率が上がったとしても、やはり返金依頼率や返品依頼率は下げていきたいですよね。


また実店舗による予約のキャンセルなどにより困っている方も実際には多いわけです。


それらのキャンセルや返金・返品依頼を大幅にカットする方法というものについてお話ししていこうと思います。


まずは、リアル・ビジネスでも通用するようなキャンセル率を減らす方法についてお話しをしていきます。


お客さんにも多少リスクを与える


言われてみれば当然のようなことですが、後払い制だとキャンセル率というのは高くなってしまいます。


これは全くリスクなしだと先送りの気持ちが働いてしまい、またキャンセルのリスクまでもないのでキャンセル率はすごいことになります。


ですから、予約キャンセルなどが多い場合など、予約の段階で前払いにすることで大幅にキャンセル率を減らすことができます。


が、当然ですが注文率も減りますので、この辺りはバランスをみてやはり実験していくことが大切です。


若干でもリスクを背負っていただくことでキャンセル率というものを減らすことができます。

しかし、ネット・ビジネスはクレジット決済にしても、銀行振込にしても、多くの場合が前払いですから、今度は返品や返金率を減らす方法について考えてみます。


サプライズを用意する


キャンセル率を下げるもう一つの方法は、予期せぬサプライズを打ち出すことです。


つまり、当初は約束していなかったサービスを無料で提供するということです。たとえば返金保証期間が1ヶ月であるとすれば、


購入の3日後に何かお礼をと、さらにその商品購入が正しかったという旨の賞賛メールを送る。


また1週間後に関連するPDFレポートや音声を無料で配布する。


さらに、1ヶ月後にはだめ押しのプレゼントを送るなど、このように当初約束していなかったサービスを無料で提供することでサプライズを演出して満足度を高めていきます。


このようなちょっとした驚きをは、あなたのブランド力も高めていきます。


結局は人間関係


人間関係を構築していくことはキャンセル率は減っていきます。


どういうことかと言うと、やはり会社対人間のようになってしまうと、何かキャンセルする抵抗感は減るものです。あなたに人間性を感じていなければキャンセル率は高くなってしまいます。


そこでパーソナライズされたメールなどで個人対個人の関係を築くようにしているとキャンセル率は少なくなります。


たとえばリピーターのかたには新規のかたとは、別にさらなる特典を用意する、もしくは予め約束する。また普段からお客さんとのコミュニケーションを意識するなど、あくまでも人間関係というものの構築に時間を割くことで個人対個人の関係を築くことができます。


やはり、相手とのパーソナルな関係性が築いた状態での返金依頼というものは多少なりとも抵抗感がでるものです。


ネットビジネスといえど、アフィリエイトといえど、PCの向こうにいるのは人です。


引きこもって、人間関係を無視して簡単お手軽不労所得で月100万円などと言っていてはダメなわけで、そもそも、そんな人から何かを購入したいとは思いませんよね。


普段からお客さんとのコミュニケーションというものを意識して、またお客さんにとってあなたと接する時間そのものが価値ある時間となるように、成長しつつ楽しんでビジネスを築いていれば大丈夫です。


ぜひ楽しんで、その楽しみすらも提供できるようにビジネスをやっていきましょう。


n o v a

[ 大幅なキャンセル率を減らすための方法 ]マーケティング2016/12/14 20:46