目標へ寄与するための軸をもって生活をしていく


どうも、n o v a です。


世間の自分に対する目、自分自身の目も他人に対する目というものがありますよね。ネットビジネスとかフリーランスな仕事などの自由業をしていると、親などから地に足を付けろと言われたりすることが多いものです。


専門職に対する憧れ

一つのことを極めるという価値の意識から
多くのことに興味を持つことが悪いこととして見られたり、

また自分でも一つのことをやり続けられない
自分に対して責めるような感情が出てくる人もいると思いますが、

小さな興味を沢山持つことって
それだけ成長のスピードが高まるってことでもあるんです。


今日は1つのエクササイズをやって欲しいと思います。


やりたいことリスト

まずはやりたいことを何でも書いてみてください。
制約を取っ払って子供になったつもりで書き出してみます。

全ての制約から自分を解き放つことで、そして紙に書き出していくことで
自分がやりたいことが視覚化されていきます。


この時子供になったつもりで何でも書いていきます。


制限については後で考えていくので、
ここでは無邪気に荒唐無稽なことでも書いていきます。


なんでも不可能なこともとにかく思いつく限り
何個も何個も書いていきます。


思いつく限り全部書き出してみることが大切です。


やってみるとわかりますが、
意外と普通のことしか出てこないと思います。


大人になっちゃった証拠です。笑


子供ってこんな感じですよね。
(今の子供はもっと大人になっているかも・・・)


仮面ライダーになりたいとか
宇宙に行きたいとか
大航海時代を生きたいとか
スペインにいってフラメンコを見てきたいとか
スーパーサイヤ人になりたいとか
芸能人と結婚したいとか
1億円稼ぎたいとか
夢の国に行きたいとか
波動砲を撃ちたいとか
超能力を使えるようになりたいとか


制約リスト

次に自分が制約になっていることを書き出していきます。


時間がない
お金がない
法律で禁止されている
人脈がない
経験がない
知識がない
方法がわからない


こうやって「やりたいことリスト」と「制約リスト」と二つのリストを作っていくんです。


頭だけじゃなくて紙に書き出して
しっかりと「視覚化」していきます。


これによって本当は何がしたいのかがわかりますし
そして何が足りないのかもわかります。


さらにそれによって何をすればいいのかもわかります。


多くの人は大人になると荒唐無稽な夢なんてもっていないものですし
実は本当にやりたいことは、自分ができる範囲のことだったりするものですから
一度制限を取っ払って、その後制限は制限で考えていくと。


優先順位をつける

もう一つ、やりたくないことリストも作っていきます。

これはリストを作っていくというよりは、
「やりたいことリスト」に優先順位をつけていく感じです。

1・本当は別にやりたくないこと
2・今すぐにできること
3・頑張ればできること

それぞれに数字を振っていきます。


時間には限りがあるので、優先順位をつけることが大事で、
本当にやりたいことを選んでいく必要があります。


これまでやってきたリスト項目とか優先順位って
半年後とか1年後、2年後に変わってもいいので、
気楽に今の気持ちで描いていきましょう。


興味が移り変わるということは沢山ありますからね。


また、やりたいと思っていたけど、
実はやりたくなかった、っていうのも沢山あるものです。


こうやって何か自分が目指すものを見つけていきます。


目的は軸をもって生活すること

実際に何でもいいんです、
大切なことは、今この瞬間に明確にすることです。


だって今この瞬間に明確であれば、軸はぶれないですから。


達成したいことを中心に生活をすれば軸はぶれなくて済みます。


例えばネットビジネスで稼ぐことが目的であれば、
ネットビジネスを生活の軸におかないと成長のスピードが遅くなりますよね。


今までと違う新しいことを始めながら、
今までの生活も保とうとしたらどうなりますか?


だから考える必要があるんです。


自分が達成したいことが何なのかって。


じゃないと軸がぶれぶれで
生活することになっちゃいます。


そして往々にして「その時楽しいこと」を優先すると軸がぶれます。


だから、本当の自分の興味や好奇心をみつけることが必要です。


一つの夢にフォーカスする

あなたの興味や好奇心が複数ある場合は
とりあえずそのうちの一つに絞る作業をしてください。


一つにして、それを生活の中心に添えるということです。


そうでないと、ネットビジネスをしているときだけ
ビジネスのことを考えて、他の時はビジネスが頭にない状態になっちゃいます。


それって常にビジネスを考えている状態ではなくなりますし
本当に達成したい目標に向かった生活ではなくなりますよね。


でも多くの人が取り組み始めた途端に「興味」がなくなったって言います。


そんな時は、自分の「やりたいことリスト」をもう一度見直してください。


その目標を達成するために障害となるもの制約となるものがあれば
それを排除していくことが新たな目標となります。


目的は「理想の実現」であって、
今やりたいことをやる、目の前の餌を漁る人生ではないと思います。


また実際に今の生活に満足しているとき、
人は生活を変えるエネルギーが出てこないものです。


どこかに満足感を持ってしまったら
現状を打破する力って生まれてきません。


歴史的に見ても、歴史を大きく動かすエネルギーって
いつだってフラストレーションですよね。


フラストレーションが溜まって大きなエネルギーとなった時に
事実、それは革命となって時代を大きく動かすエネルギーとなったわけです。


つまり「理想の未来を実現しようとする力」ですね。


今日は何時間過ごせましたか?

あなたの過ごした今日という日の中で
目標に寄与する時間は何時間でしたでしょうか?


「理想を実現するための時間」は何時間でしょうか?


これはお金だけの話じゃなくて、ギターの練習でも何でも
何かを習得する時は何だって一緒です。


楽しむことって本当に大切ですが、
その前提として、その楽しんでいる時間がどこへと向かっているのか
自分が誰のために、何のためにそれをしているのか。


それが明確になっていないと
現実レベルでは何も変化していかないんです。


これって本当に過去の僕に向けて言っているし
自戒の念も含んでいます。


ぜひ1日の終わりに毎日あなた自身に問いかけて見てください。


「今日1日で目標に寄与する時間を何時間すごした?」
「明日は何時間すごそうかな?」


次回は「世界に興味を持つ方法」としてお届けしていきます。


[ 目標へ寄与するための軸をもって生活をしていく ]マインドセット2018/01/07 12:00