WordPressについての基礎講座 3回目「CMSってなに?」

どうも、NOVAです。

WordPressについての基礎講座3回目です。


「CMSってなに?」ということで話を進めていきます。


CMSってなに?

Webサイト作成の自由と、ブログやSNSなどのサービスの手軽さ、
この2つを利点を合わせて、それぞれがもつ問題を解決したシステム、
それが「CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)」です。


ひとことで、自分がブログやSNSのような「Webサイト」を持てるということです。


自分が「Webサイト」を持てるということは、
ブログやSNSにあるような制約を受けずに済むということです。


リアルな世界のビジネスで言えば、
自分のお店を持てるといった感じです。


この「CMS」も様々な種類があるのですが、なんといっても現在世界的に一番使われていて、
あのGoogleも認めた「CMS」といえばWordPressです。


つまりWordPressとは「CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)」のことです。


時代は進み、今現在Webサイトを作ろうと思うと、
大体がWordPressを使った作成方式となります。


これは自分でつくるときは勿論のこと、
制作会社さんにお願いするとしても大体同じです。


ただしWordPressは自分で弄れる分、
ブログやSNSほどのお手軽さは有りません。


というよりもそのお手軽さが自由を奪っているともいえます。


その”お手軽さ”を不自由ととるか、自由ととるかという感じです。


具体的には、ある程度以上の自由を求めたときには
「HTML」や「CSS」といった最低限の知識が必要となってきます。


逆にこれらの知識を持つほどにどんどん自由さが増していく、
可能性は広がっていくというわけですね。


でも無くても作成して、お店をオープンできる。


ネットビジネスにおいて必要なことはまず、
店舗を構える(インターネット上で)ことなわけですから、
この点はどのみち(知識関係なしに)クリアーしているということです。


簡単でさらに機能も優れていて、そして自分でつくるから痒いところにも手が届く
といったあたりがWordPressの最大の利点と言えます。


今回はWordPressについての基礎講座その3「CMSってなに?」と
いうことでお話してきましたがWordPressって何?という疑問は解消されたでしょうか?


少しでもスッキリとして頂けていると信じたいですが、
次回は今回お話ししたWordPressについて、実際にどのようなものが必要で
なぜ手作りのWebサイトよりもお手軽に作成していけるのか?についてお話ししていきます。


WordPressについての基礎講座4回目「WordPressでサイトを作るための役立つ知識」



NOVA

[ WordPressについての基礎講座 3回目「CMSってなに... ]WordPress2016/09/30 02:03