WordPress についての基礎講座 2回目「Webサイトの変遷」

どうも、NOVAです。

WordPressについての基礎講座 2回目です。


今回は「Webサイトの変遷」ということで進めていきます。


超苦労して作られていたWebサイト

今から20年くらい前には、Webサイトとは
1ページ毎に「プログラミング」をしながら作っていました。


とうぜん素人ができる物ではなく、その道の専門家が作成してました。


そういった専門家のことを「Webエンジニア」と呼んでいたのですが
1ページ、1ページをプログラミング言語を駆使して作っていくわけですから、

現在のサイト作成に比べると、
手作りとも言えるサイト作成だったわけです。


そんな手作り作業をできる人って少なかったのですが
しかしインターネットは普及していきましたので、

企業はWebサイトを求める時代背景の中で、
Webエンジニアという職業は結構お金になりました。


当然のことながら沢山の「Webサイト作成会社」が誕生しました。


この時代のことを覚えている世代も多いかもしれませんが、
「Webサイト作成会社」黄金時代は長くは続きませんでした。


時代が進むにつれて、「アニメーション表示」や「スマホ・タブレット対応」などの
技術革新がどんどん進む一方で、コストダウンの波が押し寄せたのです。


より安く、より早くなどの価格・サービス競争の中で、
しかし技術の進歩によりWeb制作の技術も高まって難易度は上がっていきました。


難易度だけ上がって、
制作料金はますます引き下げれれていく・・・


この地獄の連鎖の中で
この手間のかかるWebサイトの「手作り」は廃れていきました。


その一方であらわれたのが「ブログ」です。


サイト作成の必要が無くなった

ブログとは「ウェブ・ログ(web上の記録)」の略です。


ウェブログ=ブログ


これは、今までのWeb作成が手作りで家を建てていたのに対して、
賃貸を貸すというようなサービスでした。


日記などを書く、インターネット上で何かを発信するのに、
ブログを借りる(しかも無料で)だけで済むようになったのです。


もちろんビジネスの参入も早く、
しかも利用者は情報リテラシーが低いものですから

心ないビジネス利用者もはびこることとなり、
いまも傷跡を残す「インターネット・ビジネス」の暗黒時代が始まりました。


無料ブログはその後スマートフォンの登場と相まって
さらにブログの一部の機能に特化したようなサービスに進化していきます。


それにより利用者はますます世界中に広がっていきました。


それがTwitterやFacebookなどの
SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)といわれるサービスの出現です。





さらにそのチャット機能に特化した LINE や Instagram なども出現します。


現在これらの方式が Webサイト を作るにあたっての
最も簡単でお手軽な方法となっています。


これらのサービスを利用するのが手間をかけずに Webサイト を立ち上げることができます。


これらのサービスはお手軽なのですが、ネットビジネスを行うことなどを考えた時に
いってみれば店舗自体は借り物なので、あれこれカスタマイズすることができません。


また、どんどんとコンテンツを作成していっても
いつ消されてしまうかわからないのは、無料ブログの一番のデメリットです。


アフィリエイトなどの商業利用を禁止しているサービスもありますし、
サービスの場所によっては、ビジネス市場によって扱えないなどの制約があったりもします。


昔ながらの手作りWebサイトであれば、すべてが自由に行われていたのに、
ブログなどのサービスではこの自由が多少奪われているわけです。


そして登場したのが「CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)」とよばれるシステムです。


次回はこの「CMS(コンテンツ・マネジメント・システム)」についてのお話となります。


いよいよWordPressに入っていきますのでお楽しみに。


WordPressについての基礎講座 3回目「CMSってなに?」



NOVA


[ WordPress についての基礎講座 2回目「Webサイト... ]WordPress2016/09/30 01:27