Htmlタグ入力を爆発的に効率よくするプラグイン「AddQuicktag」


どうも、NOVAです。

今回はWordPressプラグインの1つである「AddQuitag」についてご紹介していきます。
テキストモードでのHTML入力においては、タグの手入力は手間もかかりますし、ストレスを減らすためにも出来るだけ避けたいものです。

今回ご紹介するプラグインはそのHTMLタグ入力の手間を大幅に減らすことができます。

結果的にビジュアルモードなみに手軽になりますので、
ぜひ入れておきたいプラグインの一つとなります。

ここでの話を参考にして、ご自身のWordPressにインストールしておいてください。
実際のインストール方法と使い方はこちら


テキストモードの必要性

WordPressでコンテンツ記事を投稿する方法は2つあります。


ビジュアルモードとテキストモードです。


「ビジュアル・モード」は投稿した状態の画面で編集していきます。


「テキスト・モード」ではHTMLをつかって投稿していきます。


初心者にとっては断然ビジュアル・モードですよね。


だってそのまま投稿した状態で編集できるのですから、
わざわざテキスト・モードにする必要あるの?


って思ってしまいます。


でも使っているうちにビジュアル・モードでは見出しのタグ付けが上手くできなかったり、
それに伴う作業上の不具合などあり、またテキスト・モードのほうが
段落分けや、見出しの設定・解除などをやり易く感じるようになってきます。


使ったことある方は判ると思うのですが、ちょっと文字選択がし辛いんですよね。


当然、テキストモードとビジュアルモードの使い分けが始まるのですが・・・


ある日、僕の投稿記事がメチャクチャに崩れまくっていることに気がつきました。


何度か見直して投稿しているはずなのに、
もうそれは見るも無残な姿に…


分けも分からず調べてみると、


実は・・・


ビジュアルモードとテキストモードを行き来すると
当たり前のように崩れるようですね。


そして、多くの方がビジュアルモードではなく
テキストモードだけで投稿されていているという理由もこの辺りにあります。


ここにきて、僕自身も初めてテキストモード、オンリーでの仕様に変更しました。


でも、HTMLに馴染んでいなかった当時
テキストモードでのタグ入力はやはり面倒でした。


なのでテキストモードで記事作成するときにポイントとなるのは
HTMLのタグ入力を如何に簡単にするかということ。


そのためのタグ・テンプレートは、WordPressでデフォルトでも幾つか揃ってはいますが、
もう少し便利にするために、自分で予めタグのテンプレートを用意しておきたいと思うことがあると思います。


それを実現してくれるのが「AddQuicktag」というプラグインとなります。


Addquicktagのインストール方法と使い方



[ Htmlタグ入力を爆発的に効率よくするプラグイン「AddQu... ]WordPress2016/09/04 22:30