天岩戸の神話から見るネットビジネス

どうも、novaです。

今年は年明けの1月から伊勢神宮への参拝と、幻の脱皮伊勢海老を食し、記念的な年明けとなりましたが、伊勢神宮といえば、天照大神ですね。


天照大神は弟のスサノオが悪い事をしすぎた事を恥じて、天岩戸に引きこもってしまう訳ですが、神様が引きこもってしまったために光なく悪霊がはびこってしまい、みんな困ってしまった訳です。


そこで一計を案じた神様がいて、鶏鳴らしたり、踊りを踊ったりしてみんなで楽しくワイワイとやった訳です。


そしたら、引きこもっていた天照大神は、何やら外が楽しそうなので固く閉ざした岩戸少し開けると、そこには何やら光り輝く姿が見える・・・(これは八咫の鏡に映った自分の姿だったのですが)もっとそれを見ようとさらに岩戸を開けて、ついには外にお出になったという日本神話です。


これってネットビジネスと同じ事をやっていますよね。


壁を作って出てこないお客さんを引き込むために、僕らはなにか楽しいとワクワクするような理想世界を示して、そこに共感を持ったお客さんが少し壁の隙間から覗いてくると、

で、その覗いた先に自分自身の魅力や可能性を見つけ、何らかの問題解決の兆しが見え始めると、もっと興味を持ってみたくなる。つまりどんどん岩戸をあけてくるわけです。


そこで一気にクロージングをかける。


晴れてみんなが幸せとなる。天晴れ天晴れ。


僕らが目指すビジネスはこれと一緒で、もしも一生懸命に岩を壊して、無理やりお客さんを引っ張り出そう、力尽くで興味を持たせようとしたら、誰が幸せでしょうか・


でもたまにそういう人はいるわけで、ことば巧みに煽って煽って成約させようとしてくる。


だからみんな警戒してさらに岩戸をピシャリと閉じてしまうんです。


やはり人というのは何かを眉間にしわを寄せながら、収益を出そうと一生懸命になっている人ではなく、みんなが楽しくワイワイと笑っているような、そんなイメージを持つことのできるビジネスや人に、人は寄っていきます。


楽しく自由な未来を、お客さんが望むような理想世界をしっかりと示すことがやはり大切なこととなります。


そんな楽しくワクワクするようなみんなが集まって笑っているような、そんなイメージを持たれるような、そんなビジネスをしながら稼いでいけたら最高ですよね。


僕はそんなビジネスを目指して頑張っています。今は理想かもしれませんが、僕の中では既にビジョンが出来上がっています。


ぜひ共に信頼を得ながら稼いでいくビジネスというものをやっていきましょう!



nova

[ 天岩戸の神話から見るネットビジネス ]マインドセット2017/01/22 17:35