フォロワーからリーダーへ【 II 】「セルフ・コミュニティのリーダー」


どうも、n o v a です。

コミュニティというものについて話してきて、そして今リーダーになるための話に移ってきていますが、「自分は何もコミュニティなんて運営していないからこの辺りの話はまだ関係ないかな。まだ早いかな」って感じている人もいるかもしれませんね。

でもセルフ・コミュニティっていうものがあるんです。


まぁこれは僕の造語なんですが、セルフコミュニティっていうのは読んで字のごとく、
自分の中には色々な自分がいて、その色々な自分が集まって自分というコミュニティがあるってことです。


セルフ・コミュニティのリーダー

自分自身を一つのコミュニティとして考えることができます。


色々な自分があつまって、
自分というコミュニティがあると考えて見てください。


そこにはコミュニティリーダーがいるわけですが、
そのリーダーは誰がなるべきか・・・


それは今現在の自分なのか自分の理想の姿なのか・・・。


多くの場合に本当の自分をリーダーにしようとするかもしれませんが
ここには自分の理想の姿をリーダーとして主導権を持たせると良いです。


だからこそ自分で自分を育てることもできるんです。


自分の中の最小単位のコミュニティ内で
自分の理想の姿を持ったリーダーが今の自分というフォロワーを育てることができる。


リーダーは脳の中にいると思って、
そして自分の体は単なるロボットであって感情も何もないって考えます。


もしくは他人の体だと考えて見ます。


一旦そう考えたら、自分というのは理想の自分にとっての
フォロワー、クライアントになるのですから、


だから理想の自分、脳みその中の自分で
今現在の自分に役割を与えていきます。
(役割の話は前回しましたね)
http://creations-serialism.com/archives/5817


アザーズ・コミュニティ

セルフ・コミュニティの他には、アザーズ・コミュニティがあります。


これは誰かのコミュニティに入るってことです。


その両方からアプローチするってことですが、
前回も言いましたが、この時に

「私の言うことを聞きなさい」というコミュニティには入らないこと。


親の言うことを聞きなさい的なコミュニティは最悪です。


コミュニティ選びは大切ですから、決して実績などでは選ばずに
メルマガやブログを読んで冷静に客観的に判断していくことが大切です。


具体的な役割とは・・・

では具体的にはどのように役割を与えていけるのか。


ということですが、これは何でも良いと思います。


例えばコミュニティ内で何か企画をして
その内容に巻き込んでいくということもできます。


何かを手伝ってもらうこともできますし、
そういうのではなくて、定期的に自分自身で考えてみる機会を作っても良いと思います。


TGEではこの自分で考えることを行なってもらうために
週1でマインドセット養成講座として一定の課題に基づいた宿題をやってもらっています。


その講義の最後には、その回のテーマに沿った宿題として、
次の課題までの1週間に具体的に行なってもらうことがあって、

そしてその講義内容に従って、自分の言葉でコンテンツを作ってもらいます。


これも全て「自分で考える」ということを
ネットビジネスで稼ぐというプロセスの中で行なっていって
個々のリーダー性を磨いてもらうためです。


稼ぐこと以上に内面を成長させることは時間が掛かかるし
最終的に継続的に稼いで、しかも心の自由をも得ようと思った時には
絶対に避けては通れない部分だからです。


次回予告・・・
フォロワーからリーダーへ【 III 】何かしらのオファー・提案を打ち出してみる


[ フォロワーからリーダーへ【 II 】「セルフ・コミュニティの... ]ブランディング2017/11/01 15:54