有料コンテンツはフィードバックの中から生み出していく


どうも、n o v a です。

今回も引き続き、有料コンテンツの生み出し方についてお話ししていきます。

有料コンテンツは最初から有料コンテンツを用意せずに、まずは無料のコンテンツや無料講座で仲間を集めて、そこからのフィードバックで有料コンテンツを生み出していくということをお話ししています。


では続きをいってみます。


フィードバック・コンテンツ

ちょっとした講座形式のコンテンツのようなものを作って、
そこからのフィードバックによって価値をさらに高めていって
有料コンテンツを作っていくということを説明してきました。


実際、最初から最後まで計画する必要はなくて、
一番最初は流れを感じて流れに身を任せた方がいいものが出来上がります。


フィードバックありきで考えていくということです。


まずは一度無料のコンテンツかなんかを投げていって、
そして仲間を得た上で、その仲間たちからのフィードバックを得て
そしてなるべく早く最適化した方が早いんですね。


例えば半年かかって無料コンテンツ作って
それで反応なかったら正直辞めたくなるなりますよね。


だから最初から変に作り込まないで、
フィードバックの中で作っていくんです。


例えば無料コンテンツとか無料講座はインタビュー形式とかでもいいんです。


でも最初からインタビューを用意する必要もないですし、
やっぱり全てはフィードバックの中で考えていくと良いってことです。


価値の象徴化をしていく

例えば、自分を知らない人に対して、
自分のライフスタイルや熱いメッセージで
SNSでフォローしてもらったり
何かしら認知してもらったりします。


動画を見せたり、写真を見せたり
そういった情報を見せていくんですね。


そして商品を販売するときは商品がいかに素晴らしいかよりも、
それに参加することが如何に素晴らしいかを話しした方がいいです。


フラメンコギターそのものが如何に素晴らしいか
という話しをしてテンション上げていく。


その上で、これを受けたら
フラメンコギターの全てが手に入る。


そんな感じに言えばテンション上がりますよね。


変に、如何にこの講座が丁寧で素晴らしくて、
こんな秘密があってとかいうよりも、

もっとイメージを膨らませていって、その上で
相手が興味をもったら説明した方がいいです。


聞かれる前に説明してもウザいだけ。


それは相手にとっては説明を聞く理由がないから。


だから先に理由を作ってあげるということです。


先に惚れさせると。笑


そういった期待感というものを増すために
どうするかを考えていくってことです。


これまで話してきたやり方って、
先に有料コンテンツを作って、
それを無理やり売ろうというスタンスとは真逆ですよね。


まずは無料で価値あるコンテンツや講座を提供して
それが必要だと感じている仲間を集める。



その仲間のフィードバックの中から
さらに深掘りして価値あるコンテンツを生み出していく。



それを欲しがる人にだけ提供していくわけですから。


そしてそれを提供した後はさらにフィードバックを得て、
新しいフォローコンテンツを生み出すことができます。



それは後日特典として購入者に配布することで
フォローアップにもなり、さらに高い価値提供にもなりますよね。


その特典は今後は最初から特典として
つけた状態で販売することもできます。


最後に

今回はどうやって有料コンテンツを生み出していくのか
商品が決まっていない人たちが、どうやって商品を生み出していけるのか
ということについてお話ししてきました。


今からビジネスをやろうと考えている方や、
アフィリエイトなどですでにメルマガ読者がいる方々でしたら
すぐにでも始めることが可能な方法ですし

ビジネスの本質に根ざした方法だと思いますので
ぜひ頑張ってチャレンジしてみてください。

[ 有料コンテンツはフィードバックの中から生み出していく ]コンテンツ作成2017/10/16 23:33