「SEOコトハジメ1」検索エンジンに印象の良いコンテンツ作成の条件SEOってなに?初心者へ基礎から丁寧に解説

どうも、novaです。

今回は「SEOってなに?初心者へ基礎から丁寧に解説」ということでお話ししていきます。
「SEO対策」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。あるいは使っていても実は人に説明できるほどに理解しているという人も意外といるかもしれません。

ですから今回は丁寧にSEOとうものについてお話ししていきます。


では最後までよろしくお願いします。


アクセスについての話

アクセスについてお話ししていきたいのですが、この広大なインターネットの世界の片隅にある
あなたのサイトは、太平洋に浮かぶ小さな島のようです。


あなたがネットビジネスをやるにあたってWebサイトを作る目的とは集客です。


集客=人が集まること。


つまりアクセスがこないことには、あなたのWebサイトは
ビジネスにおいては意味をなさないことになってしまいます。


ですから、これからあなたのWebサイトにお客さんを呼ぶための
基本的な考え方とテクニックについてお話ししていきます。


そしてこれを専門用語でいうとSEOといいます。

SEOって何?

「SEO(エス・イー・オー)」とは
Search Engine Optimization」=検索エンジン最適化という言葉の頭文字をとったものです。


当然、あなたがネットビジネスを始めてやるのであれば、
検索エンジン最適化とは何ぞやってことだと思います。


それを説明するために、まずは検索エンジンについて
今一度スッキリとさせていきましょうか。


検索エンジンの仕組みを知る

検索エンジンについて話していきますが、まずインターネットの世界はあまりに広大なので、
基本的にあなたのサイトの住所を知らない多くの人は、見つけたくても見つけれないわけです。


ですから、その人の目的にあったサイトをインターネット上からまとめ引っ張ってくる
「検索エンジン」というサービスが作られました。


目的にあったサイトを文字通り「検索」してくれるんですね。


であれば、あなたのサイトも検索エンジンが拾ってくれれば、
みんなの目に止まりますよね。


例えば、あなたが何か調べ物をしていたとして、
なんらかの単語や言葉で検索エンジンで検索しますよね。


そうすると沢山のサイトが検索されて表示されますね。


あなたは一つづつお眼鏡に叶うサイトがあるかどうか調べていくと思いますが、
検索エンジンの何ページ目まで調べ続けますか?


基本的には一番上から適当なのを選びつつ、下に下がっていって、
いいところ次のページの頭くらいをチラッと見て、
良いのがなければ、言葉を変えてまた検索しませんか?

つまり検索結果自体は膨大であっても、
実際に見られているのは1ページ目くらいだということです。


検索によって上位表示されたサイトしか目を通していませんよね。

僕自身もそうです。


だから、アクセスを集めるためには検索エンジンに拾ってもらうだけではダメで、
検索した際にあなたのサイトが上位表示される必要があるということです。


でもどうやったら検索エンジンはあなたのサイトを上位に表示してくれるのでしょうか?


そこで必要になってくるのが、「検索エンジンの最適化」=SEOというわけです。


あなたのサイトを検索エンジンに拾ってもらいやすくするための
考え方とテクニックのことを「SEO(=検索エンジンの最適化)」と言います。


ちなみに一般的に「SEO対策」という風に言われたりしますが、
上記の通り、SEO自体に対策という意味を含んでいるため、正しくはSEOです。


では次に、具体的にはどのようなことをやっていけばいいのか、
「考え方」からお話ししていきます。


検索エンジンの仕組みは非公開

いきなりですが、検索エンジンというものが、何を持って上位に表示しているのかを
徹底的に秘密にしています。


それはそうですよね。対策されてしまいますから。


どうやって目的のWebサイトを選んでいるのかがわかってしまったら、
大企業のエンジニア集団が束になれば、上位表示を独占化できてしまいますよね。


それでは検索エンジンの意味が無くなってしまいますよね。


つまりは検索エンジンにとって検索エンジンの中身は、
墓まで持っていく企業秘密であり生命線なのです。


では、そんなトップシークレットを相手にどうやって最適化していくのでしょうか。


まずは現在では神のごとき検索エンジンですが、
検索エンジンを運営している企業というものは、通常通りの営利目的の企業です。


つまり普通の会社なわけですね。


会社ですから、どこかで儲けを出さなきゃならない。


でも僕らは常に無料で検索エンジンを使用させてもらっています。


つまり彼らがどこで稼いでいるのかを理解することが大切になるということです。


検索エンジンが望むものはなにか

最初に答えを言いますが、彼らは広告収入で利益を得ています。


検索結果とともに出る広告たち、あの広告の仕組みが収入源ということですね。


だから多くの企業に広告を使ってもらいたい。


では多くの企業がそれを使う理由は何か?


それはそこに多くの人=ユーザーがいるからです。


ではユーザーはなぜそこにいるのか。。


便利だからですよね。検索エンジンが。。。


検索エンジンが良い検索結果を出してくれた方がユーザーにとっては重宝します。


つまり「良い検索結果」こそがユーザーを集め、
ユーザーの集まりは多くの企業を引き寄せ、そして多くの企業に広告の仕組みを利用してもらう。


それにより検索エンジンの企業は利益を得られる。


そういうことです。


だから、検索エンジンが望むことは「良いWebサイト」を見つけることですね。


であれば、検索エンジンが望むような「良いWebサイト」がどのようなものか予想が立てれれば
対策のしようがありますね。


ということで、次回は「検索エンジンが望む良いWebサイトの条件」ということで
お話をしていきます。

「SEOコトハジメ2」検索エンジンが望む良いWebサイトの条件2

では今回も最後までありがとうございました。


nova





[ 「SEOコトハジメ1」検索エンジンに印象の良いコンテンツ作成... ]WordPress2016/10/06 02:15